デジタルマガジン

2008年10月08日 8:00

新聞社がインターネット上のコラム記事に縦読みを仕込む

このエントリーをはてなブックマークに追加

 このタイトルを読んで「どうせ偶然だろう」と言うそこのあなた。これ、ホントなんです。西日本新聞社の記事で縦読みがコラム記事内に仕込まれ、それが文章内でヒントとして示されています。

 その記事とはコチラ。

  【とんでもない事件だ。北九州市と福岡県苅田町にまたがる自動車メーカーの部品工場に爆発物が投げ込まれ、地面に穴が開いた。工場を建設した会社のトラブルとみられるが、問題はそのメーカーの対応。広報担当者は当初「事件については言えません」の一点張りだった。

 ようやく数時間後に「再発防止を望む」とコメントした。後で聞くと、捜査の関係で極端に口をつぐんでしまったという。このメーカーは大手自動車会社の子会社で、被害者側ではある。しかし、工場の起工式が昨年開かれたときも非公開だった。式典風景を公道から写真に撮ろうとすると、建設会社の人や警察官から制止された。

 ただ、企業の社会的責任がこれだけ求められている中、事件が起きれば十分な説明が必要なはずだ。メーカー名はこの欄では名指ししないが(各段落の頭文字がヒントです)、説明責任を考えてほしい。 (根井)

 とんでもない事件だ / 西日本新聞

 各段落の頭文字がヒントと堂々と書いてあります。繋げて読むと……恐ろしくて口に出せません。

 なぜ名前を出せないのかは分かりませんが、正直なところ僕の住む福岡県では爆発物(おもに手榴弾)が投げ込まれることはしょっちゅうあるので、あまり気になりません。変なたとえですが「よくあること」なんです。

 爆発物なんかよりもこの記者が飛ばされないかどうかが心配です。

[ 西日本新聞 via NATROMの日記 ]

このエントリーをはてなブックマークに追加