デジタルマガジン

2008年10月21日 21:00

【今日のNASA】天体写真「土星の月、環(輪)、そして予想外の色合い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

© Cassini Imaging Team, SSI, JPL, ESA, NASA

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「土星の月、環(輪)、そして予想外の色合い」。

 どうして土星はこのように変わった色合いをしているのでしょうか?

 現在、土星探査機カッシーニは土星の軌道を周回しながら、いくつもの写真を電波で送ってきています。太陽系で最も壮観な環を持つこの惑星は、2004年にカッシーニが到着して以来、北半球の色合いを刻々と変化させています。

 そして現在、その色合いは予想外のものとなりました。土星にたくさんの色がある理由は分かっていませんが、最近の研究では色の変化は季節に関係があると考えられています。

 上の写真では、暗い複数の環の影のすぐ北側にいくつもの変わった色が見えています。また、環の粒子からなる薄い平面が、写真の下部を横切っています。

 雲の多い土星の衛星タイタンが、環のすぐ上に大きくぼんやりと現われています。また、このほかにも3つの衛星が写っているのが分かりますか?

 カッシーニは2004年に土星に到着しました。その後、木星の大気、複数の衛星、そして環についての研究材料となるいくつものデータや写真とともに、新たなる謎も送ってきています。

[ APOD ]

このエントリーをはてなブックマークに追加