デジタルマガジン

2008年10月30日 20:00

【今日のNASA】天体写真「ミラク・ゴースト」

このエントリーをはてなブックマークに追加

© Anthony Ayiomamitis (TWAN)

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「ミラク・ゴースト」。

 幽霊という部分では、ミラク・ゴーストは怖いものではありません。実際、ミラク・ゴーストはかすかに光る銀河として天文学者たちに知られており、明るい恒星ミラクへの照準線に沿って偶然見られます。

 この星域の中心に置かれたミラクは、アンドロメダ座のβ星とも呼ばれています。およそ200光年離れた場所にあるミラクは赤色巨星であり、太陽よりも温度が低いにも関わらずはるかに大きく、そして明るく輝いています。

 ほとんどの望遠鏡では、まばゆい光と回折スパイクによってミラクの近くにあるものは隠され、このかすかに光る銀河は圧倒的な星明りのためにミラクの明かりが内面で反射しているように見えてしまいます。

 しかし、この鮮明な写真で右上に現れているミラク・ゴーストはNGC404として登録されており、約1000万光年離れた場所にあると推定されます。

[ APOD ]

このエントリーをはてなブックマークに追加