デジタルマガジン

2008年10月09日 21:41

【今日のNASA】天体写真「水星探査機メッセンジャーによって明らかにされる水星」

このエントリーをはてなブックマークに追加

© MESSENGER, NASA, JHU APL, CIW

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「水星探査機メッセンジャーによって明らかにされる水星」。

 人類の歴史が始まった時から惑星水星は知られていましたが、この太陽系の最も内側の惑星がこのように見られることは1度もありませんでした。

 2日前、自動化されたメッセンジャーが2回目となる水星への接近を果たし、比較的性能の低いレーダーだけで地図化されていた地域を写真に収めました。上の写真は、メッセンジャーが水星を通過した90分後、水星からおよそ27,000キロメートルの高度から後方を見て記録したものです。

 写真に見えているのは異常に長い複数の線で、それらは北にあるひとつのクレーターから子午線のように走っています。

 メッセンジャーは、2011年に反動推進エンジンを点火して周回軌道に入る前に、もう1度水星の上を通過する予定です。

[ APOD ]

このエントリーをはてなブックマークに追加