デジタルマガジン

2008年10月24日 12:00

ルクセンブルク、政府が市内に貸し出し自転車を設置

このエントリーをはてなブックマークに追加

photo:⌠david⌡

 ルクセンブルク大公国で面白い試みがなされ、成功しています。今年3月より、市役所はルクセンブルク市の25の主要駅に貸し出し自転車『vel’oh!』を設置しました。

 この『vel’oh!』は、市とレンタル契約を結ぶことで14歳以上であれば誰でも自由に使うことができます。契約には1年契約と1週間契約の2種類があり、それぞれ規定の会費とデポジットを支払うことで『vel’oh!』を利用できます。

 気になる『vel’oh!』の利用料金ですが、最初の30分はタダ。その後1時間ごとに1ユーロ(約125円)ずつ加算されていき、5ユーロ(約628円)支払った時点で貸し出しから24時間まで使い放題になります。

 ちょっと高く感じるかもしれませんが、駅から降りて少し離れた場所まで行きたい時や、軽い買い物なんかには便利そうです。旅行の時に、電車じゃなくて自分の足で町を探検したい時にも良いかもしれませんね。

 『vel’oh!』は立ち上げから3ヶ月で2,030人が会員登録し、合計で36,153回利用され、1日に平均で406回利用されているそうです。ルクセンブルク市の人口が約8万人であることを考えると、この数字はなかなかのものです。

 そうそう、いくら便利だからって貸し出しから24時間以降も乗り回していると、デポジットが没収されてしまうのでその辺りにだけご注意を。借りたものはきちんと返しましょう。

[ via TreeHugger ]

このエントリーをはてなブックマークに追加