デジタルマガジン

2008年10月11日 20:00

【今日のNASA】天体写真「不規則銀河NGC55」

このエントリーをはてなブックマークに追加

© Robert Gendler

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「不規則銀河NGC55」。

 不規則銀河NGC55は、大マゼラン銀河(LMC)と似ていると考えられています。LMCは18万光年離れた場所にあり、私たちのいる天の川銀河系の有名な伴銀河として知られていますが、NGC55は600万光年以上離れた場所にあり、ちょうこくしつ座銀河群のメンバーです。

 不規則銀河として分類されているLMC自体は、長時間露出で撮影すると棒円盤銀河に似ています。しかし、およそ5万光年の幅があるNGC55は細長い側面を見せており、それはLMCの正面からの眺めと対照的です。

 LMCが広大な惑星の形成領域でいくつもの散光星雲を作りだしている時、NGC55もまた同じくいくつもの星を作りだしているのが見えます。

 この素晴らしい銀河の写真で強調されているのは、NGC55で明るく輝くコア部分、隠しきれないピンクがかったいくつもの発光領域、そして若く青い星団です。

[ APOD ]

このエントリーをはてなブックマークに追加