デジタルマガジン

2008年10月20日 20:00

【今日のNASA】天体写真「干潟星雲の中心で」

このエントリーをはてなブックマークに追加

© A. Caulet (ST-ECF, ESA), NASA

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「干潟星雲の中心で」。

 干潟星雲の中心は、星を形成する壮観な旋風です。左上に見えるのは、少なくとも2つの半光年はある長い漏斗雲で、いくつもの強大な恒星風とエネルギー溢れる強力な恒星の光によって誕生しました。

 ものすごく明るい近隣の星『ハーシェル36』がこの領域を照らしています。塵からなる広大な壁は赤味を帯び、それは他の高温の若い星々を隠しています。

 これらの星からのエネルギーが低音の塵やガスに流れ込み、隣接する領域に大きな温度差を生ませ、そして漏斗雲の原因かもしれないいくつもの剪断する風を発生させています。

 この写真の幅はおよそ5光年にわたっており、地球を周回しているハッブル宇宙望遠鏡によって1995年に撮影されました。この干潟星雲はM8としても知られており、いて座の方角の方角、およそ5,000光年離れた場所にあります。

[ APOD ]

このエントリーをはてなブックマークに追加