デジタルマガジン

2008年10月24日 14:00

親から子へ、子から孫へと受け継がれた106年モノのチョコレート

このエントリーをはてなブックマークに追加

 この黒く変色してデコボコとしたものは一体何でしょうか? 答えはチョコレートです。ただし、その前に「106年モノの」という言葉がつきますが。

 このチョコレートは、ヴィクトリア女王の後継者として1901年に即位したエドワード7世の、戴冠式が行われた1902年6月26日に記念品として配られました。その後、王は1910年に亡くなりましたが、チョコレートはこうして今も生きています。箱の中に王の即位50周年を記念した古い新聞記事を込めて……。

 マーサ・グレッグは、1902年8月にこのチョコレートを手に入れました。彼女は「食べたい!」という女生徒にとって当たり前の誘惑にかられながらも、これを記念品として持ち続けることを決意しました。

 その後、マーサは見事に誘惑を乗り切り、自分が産んだ子供たちの中の1人にこのチョコレートを渡しました。受け取った子供は後に、さらに自分の娘であるフリーダ・マッキントッシュにチョコレートを渡しました。

 マッキントッシュさんは誘惑(たぶん捨てたい)と戦いながら、今度はこれをセント・アンドリュース保存財団へと譲りました。財団は、このチョコレートを町の歴史として守っています。

 106年モノのチョコレート、一体どんな味がするのでしょう?

[ Mail Online via Garbagenews.com ]

このエントリーをはてなブックマークに追加