デジタルマガジン

2008年10月14日 20:00

【今日のNASA】天体写真「カッシーニ、エンケラドゥスの氷の間欠泉を通過」

このエントリーをはてなブックマークに追加

© Cassini Imaging Team, SSI, JPL, ESA, NASA

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「カッシーニ、エンケラドゥスの氷の間欠泉を通過」。

 どのような不純物が土星の衛星エンケラドゥスからの氷の噴出を汚しているのでしょうか? この質問への答えを助けるために、土星探査機カッシーニは先週、氷を噴出している土星の月30キロメートル以内に近づきました。

 これまでに最も近くまで接近したこのアプローチで、カッシーニは氷の間欠泉の上を飛び、エンケラドゥスの表面にある粒子の科学的データを直接得ようと試みました。

 現在、ウォーターアイスに支配された氷柱や、表面の噴出物内の不純物の手がかりをデータから捜索しています。この接近飛行の目的は粒子の分析ですが、いくつかの面白い写真も撮影できました。

 例えば、上の写真で目に見えている珍しい灰色の光沢は、表面の峡谷から垂直に駆け上がっている水蒸気のように見えます。その他にもクレーターのない氷の溝からなるいくつもの広大な平原や、写真左側に見える明暗境界線、そして最上部にはクレーターの多い地域が確認できます。

 カッシーニは、今月末にエンケラドゥスの表面すれすれを飛行し、写真を撮影する予定です。

[ APOD ]

このエントリーをはてなブックマークに追加