デジタルマガジン

2008年10月13日 0:55

【今日のNASA】天体写真「明るい流星」

このエントリーをはてなブックマークに追加

© Howard Edin (Oklahoma City Astronomy Club)

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「明るい流星」。

 9月30日、壮観な流星がアメリカ南西部オクラホマ州にあるブラック・メサ州立公園で、夜空を楽しんでいたアマチュア天文愛好家たちのグループを驚かせました。

 この非常に明るい流星は、有名な星座であるおうし座とオリオン座を通過したところを、2008年オクラホマ―テキサススター・パーティーを見渡している山腹に設置されたカメラで撮影されました。

 天文愛好家のハワード・エディン氏によると、この流星が現れた時、エディン氏は反対側を見ていたのですが、地上全体が明るくなったそうです。最初は誰かが車のヘッドライトを点灯したと思ったとか。

 これまで、流星を目撃するのは運の問題でした。しかし、それは終わりました。今週の始め、天文学者たちは小惑星『2008 TC3』の発見とともに、それがいつどこに落ちるかを予測しました。

 残念なことに地上からの流星の観測は報告されませんでしたが、この初めての衝突予測は、10月7日にスーダン北部の上空で見られた、いくつかのエア・バーストとブライト・フラッシュによって確認されました。

[ APOD ]

このエントリーをはてなブックマークに追加