デジタルマガジン

2008年09月29日 16:30

東芝、ネットブック『NB100』を発売。国内大手メーカーとしては初

このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社東芝は、国内大手メーカーとしては初となるコンパクトさと使いやすさとを両立させたネットブック『NB100』を10月下旬より発売すると発表しました。

 『NB100』はネットブック市場に向けた新商品。気になるスペックは、CPUがAtom N270、メモリが1GB、HDDが120GB、OSがMicrosoft Windows XP Home SP3となっています。このあたりは他のネットブックとほぼ横一列状態です。

 サイズは225(W)mm×190.5(D)mm×29.5mm(H)。重さは約1.05kgと軽め。液晶には8.9型ワイドWSVGA TFTカラー液晶を搭載。無線LANはもちろんIEEE802.11(b/g)に準拠しています。

 ただ、気になるのはWebカメラの画素がリリースによると有効画素数30万画素と少ないこと。加えてメモリの最大容量が1GBだったり、バッテリーの駆動時間も約2.9時間と少なめなのもマイナスポイント。

 他のネットブックにはない特徴と言えばBluetooth Ver.2.1+EDRを搭載していることと、USB端子が3つもあることでしょうか。Bluetooth対応ガジェットを持っている人には良いかもしれません。

 お値段オープンプライス、予想価格7万5千円前後。

このエントリーをはてなブックマークに追加