デジタルマガジン

2008年09月26日 16:00

東芝、業界最大級256GBのSSDを製品化

このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社東芝は、パソコン向けに、多値技術を採用した大容量NAND型フラッシュメモリを搭載した業界最大級の256GBのSSD『THNS256GE8BC』を製品化し、今年第4四半期から量産を開始すると発表しました。

 また、『THNS256GE8BC』の製品化にあわせて近年話題となっているミニノートパソコン向けに、8GB、16GB、32GBの小型SSD『フラッシュモジュール』も製品化し、同じく4四半期から量産を開始するとのことです。

 持ち運びを前提としたノートパソコンには、軽量かつ信頼性の高いストレージデバイスが必要とされています。東芝はその市場に256GBという業界最大級の大容量SSDを投入してきたかたちです。

 『THNS256GE8BC』は、高速・並列データ転送や書き込み領域の均等化など、多値技術に対応した独自開発のコントローラを搭載しており、従来製品に比べてデータ転送速度の高速化(読み出し秒速最大120MB、書き込み秒速最大70MB)に成功しています。

 さらに、ミニノートパソコン向けの8GB、16GB、32GBをラインナップに加えることで、小容量から大容量までカバーしたことになります。東芝は今後需要の拡大が見込まれるSSD市場において、リーダーシップを堅持していくとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加