デジタルマガジン

2008年09月12日 14:00

女性は男性よりも怖い悪夢を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

© rekha_is_batman

 イギリスの心理学者の調査により、女性は男性よりもはるかに怖い悪夢を見るということが分かった。妻には申し訳ないが男で良かった。

 なぜ女性の方がより怖い夢を見るのだろうか? それは女性だけの毎月のサイクル、生理によって引き起こされている。体温の変化によって、悪夢を見るのだという。

 ジェニー・パーカー博士は、170人ものボランティアにごく最近見た夢を記録するように依頼した。彼らボランティアたちの報告をまとめた結果、男性は19パーセントが、女性は30パーセントが悪夢を見ていることが分かった。そのうえ、女性の見る夢の方がより感情的であることも分かったという。

 「悪夢は、脳が将来的に遭遇しそうな悲惨で不幸なイベントを『リハーサル』するために見ます。しかし、そのリハーサルとは異なった種類の悪夢があります。女性はその種類の悪夢を男性よりも多く報告しています」とパーカー博士は語った。

 今回の調査にて悪夢の種類は3つ確認された。1つは何かに追われる夢、もう1つは親や子供、パートナーを失う夢、そして最後の1つが今まで見たこともない奇妙な環境に関わる夢だ。この3番目の悪夢を女性は多く見ているとみられている。

 パーカー博士によると、月経前の女性はよく夢を見るようであり、そしてその内容を覚えているそうだ。ただし、一部の専門家は女性だけがそんなに悪夢を見ているわけではなく、覚えていることが多く、それを話すのが上手なだけだとも主張している。

 しかし、今回の研究は起きてすぐに夢を記録するようにボランティアに頼んでいる。パーカー博士は「女性はより多くの悪夢を見ているように見えます」と付け加えた。

 夢は正常な睡眠サイクルの一部であり、「夢を見ない」と主張している人もじつは夢を見ているのだという。そしてその夢の間に目覚めた時、もっとも夢を覚えているのだそうだ。昨晩見た夢をあなたはまだ覚えているだろうか?

[ Mail Online ]

このエントリーをはてなブックマークに追加