デジタルマガジン

2008年09月01日 16:00

シベリアの永久凍土が解けると人類滅亡?

このエントリーをはてなブックマークに追加

© m@rtovskiy

 スウェーデンの研究者が、シベリアの海底の永久凍土から少しずつメタンガスが漏れていると土曜日に発表しました。メタンガスは、地球温暖化の問題とされている二酸化炭素の20倍以上の温室効果をもたらす温室効果ガスです。

 発表によると、シベリアの永久凍土層には小さな穴があり、そこから高濃度のメタンガスが漏れ出しているそうです。海中により多く含まれていることから、その源が海底であることは間違いないでしょう。

 もしもこのまま地球温暖化が進み、シベリアの永久凍土層が解け出すことになれば膨大な量のメタンガスが空気中に放出されることになります。

 一説では温暖化の原因は太陽の活動周期によるものだと言われていますが、正解は分かりません。融けて何もなければよかったねで済みますが、温室効果ガスのせいだと分かった時にはもう海の底なのかもしれませんね。

[ PhysOrg.com ]

このエントリーをはてなブックマークに追加