デジタルマガジン

2008年09月08日 14:00

『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』が全世界で200万本販売を達成!

このエントリーをはてなブックマークに追加

© GSC Game World. All right reserved. THQ and THQ logo are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc.

 GSC Game Worldが2007年3月に発売したPC用ゲームソフト『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』が、全世界で200万本販売を達成した。

 『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』は、ストルガツキー兄弟によるSF小説『ストーカー』を原作としたFPSゲームだ。GSC Game Worldによれば、200万本のうち100万本を旧ソ連地域で、残りの100万本を世界(旧ソ連以外の地域)で販売したという。

 CEOのSergiy Grygorovych氏は「私たちは、世界中のプレーヤーからS.T.A.L.K.E.R.が指示されたことをとても喜んでいます」と語っている。

 『S.T.A.L.K.E.R.』は、つい先日ロシアにて最新作『S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky』が発売されたばかりだ。欧州版、北米版と発売されているが、北米版は梱包に不備があったようで発売が遅れている。日本では日本語マニュアル付の英語版がズーより9月26日に発売される。

 独特の世界観を持つ『S.T.A.L.K.E.R.』。興味のある人は『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』から始めてみて欲しい。コチラはファンによって日本語化パッチが配布されているので、英語に詳しくなくても大丈夫だ。

[ GSC Game World via 4gamer ]

このエントリーをはてなブックマークに追加