デジタルマガジン

2008年09月25日 15:00

GIGABYTE、ZALMANファン採用のHD 4850搭載カード『GV-R485OC-1GH』発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

 GIGABYTE UNITED正規代理店である株式会社リンクスインターナショナルは、Radeon HD 4850搭載、コアクロックが625MHzから700MHzにOCされているZALMANファン採用スタンダードモデル『GV-R485OC-1GH』を9月27日より発売すると発表しました。また、あわせて下位機種となる『GV-R485ZL-512H』も発売されます。

 『GV-R485OC-1GH』は、ATI Radeon HD 4850、GDDR3-1GBメモリ搭載、DirectX 10.1に対応したグラフィックカード。コアクロックは700MHzにオーバークロック。ファンは人気の高い扇状型のZALMAN製冷却ファンを搭載しています。下位の『GV-R485ZL-512H』は、GDDR3-512GBメモリとなります。

 また、エネルギー損失の少ない高効率なフェライトコア(コイル)、耐久性に優れた日本メーカー製の耐久性個体コンデンサ、低発熱な低RDS(on)MOSFETを採用したことにより、エネルギーを低減し、コンデンサの寿命を6倍以上向上させています。

 さらにGIGABYTE独自のソフトウェア『GAMER HUD』により、電圧やクロックなどが調整可能に。オーバークロック性能を最大限に利用することができます。加えて設定により2Dと3Dにあわせて自動的に最適化を行い、電力消費を抑えてくれます。

 主な出力インターフェースは、DVI-I出力×2、D-Sub出力(付属変換アダプタ使用)、TV コンポジット出力(付属変換コネクタ使用)、S-Video出力、HDMI出力(付属変換アダプタ使用)。最大2560×1600の高解像度で出力が可能なデュアルリンクDVI、マルチビュー技術、HDCP、HDMIに対応しています。

 お値段それぞれ『GV-R485OC-1GH』が27,000円、『GV-R485ZL-512H』が23,200円。

このエントリーをはてなブックマークに追加