デジタルマガジン

2008年08月22日 18:00

世界最高齢、138歳のインド人男性が亡くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 インドで推定年齢138歳の男性、ハビブ・ミアンさんが亡くなられた。ミアンさんはインド版ギネスブック「Limca Book of Records」に世界最高齢として記録されている。

 記録によると、ミアンさんは1870年5月28日に生まれたそうだ。その後彼は、二度の世界大戦とパキスタンの分離独立、インド=パキスタン戦争を体験したことになる。

 なぜ彼は推定年齢とされているのか? それは、年金の書類に1878年5月20日に生まれたと記されているからだそうだ。そのため、残念ながら彼はギネス記録には認定されていない。ちょうど0と8が入れ替わっている形になるが、どちらが真実なのだろうか? 個人的にはやはり古い方を信じたい。

 ミアンさんは多くの親族、参列者に敬意を表されながら弔われた。

 ところでどこかのお偉い大学の教授先生が、人間の寿命は最長120歳までと言っていたことが記憶にある。ミアンさんは年金の資料から数えても130歳なのだが、これはどうなるのだろうか? 人間はもしかしたらまだまだ生きられるのかもしれない。

[ Mail Online ]

このエントリーをはてなブックマークに追加