デジタルマガジン

2008年08月26日 12:00

Googleが夕食の無料サービスをやめるという噂

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleで働きたくなる魅力の1つである朝・昼・夕食の無料サービス。バイキングスタイルのレストランで食べ放題らしいのだが、そのうち夕食の無料サービスだけがなくなっしまうという噂が流れている。

 噂を流したのはGoogleで働く従業員。自らをGooglersと称する彼らたちに、月曜からの夕食はない。Googleが予算削減に乗り出したというのだ。ただし、Geek(この場合の意味は開発者?)にだけは夕食は提供され続けるという。Googleで働いてる人はみんなGeekというイメージがあるのだが、どうやらそうでもないようだ。

 Googleでは、従業員1人につき1年間でおよそ7,500ドル(約82万円)の飲食費がかかっているという。この“従業員”という語句の中には、無料のレストランに家族を呼んで食事をしたり、そこで出された食事を持ち帰ったりする人も含まれているそうだ。私もついやりそうなだけに非難できない。

 そんな特権を濫用しているGooglersやその他の働き詰めのGooglersに対して、Googleはこんなメッセージを送っている。「家に帰り、家族とともに夕食を取って下さい」。Googleからの思いやりなのか、それともただの経費削減なのか。一部では食堂運営を委託している会社と問題が起きているとも伝えられている。

 仮にこの噂が真実だったとしても、朝食と昼食は無料。やっぱりGoogleで働いている人は羨ましい。

[ ValleyWag via 秋元@責任をオウオウオウ ]

このエントリーをはてなブックマークに追加