デジタルマガジン

2008年07月31日 16:00

ジンバブエが100億分の1のデノミを実施。100億ジンバブエ・ドルが1ジンバブエ・ドルに

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジンバブエはムガベ大統領がリアルで遊んでいるシムシティ。なんだかそんな気がしてきた。ジンバブエの中央銀行は30日、ジンバブエの紙幣価値を8月1日から10桁切り下げると発表した。

 10桁、とんでもない額である。先日発行されたばかりの1000億ジンバブエ・ドルも、8月1日にはたったの10ジンバブエ・ドルになってしまうのだ。

 紙幣価値を切り下げるデノミネーションは、これまで海外でも度々行われている。しかし、それでも最高はボリビアとスイスで行われた100万分の1である。今回はその1000倍の100億分の1、ギネス記録として申請してみてはどうだろうか?

 経済が破綻しているジンバブエでは、今回のデノミを行ったところで無駄なことだろう。来年にはまた、100億分の1のデノミを実施しなければいけない状況かもしれない。ムガベ大統領ももう高齢だ。ジンバブエが崩壊する日は近い。

このエントリーをはてなブックマークに追加