デジタルマガジン

2008年07月03日 20:00

【今日のNASA】天体写真「いくつもの夜の輝き」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「いくつもの夜の輝き」。

 6月30日の早朝、西フランスの夜明け近くの東の空に幽霊のような雲が浮かんでいた。この夜行雲は中間圏にできる特殊な雲で、地上から80kmという高度から太陽の光を反射している。

 通常、夏極の上空でしか見られないこの夜行雲は、現在では夏極から離れた場所でも見かけられることが多くなっている。この写真では、観測者の緯度は北緯およそ48度にまで広がっている。このことは、大気内で地球規模の変動が起こっている兆候の1つだと見られている。

 そして地球から40万km離れた月では、太陽に照らされて三日月が輝いている。太陽のあたらない夜側は、地球から反射した太陽光、地球照に照らされてうっすらと輝いている。

 この素晴らしい景色は、早起きをした人にだけ送られたちょっとしたプレゼントだ。美しいこの月を追いかけるように、プレアデス星団も輝いていた。いくつもの輝きが、このこの夜空に浮かんでいた。

[ NASA ]

©Laurent Laveder (PixHeaven.net / TWAN)

このエントリーをはてなブックマークに追加