デジタルマガジン

2008年07月14日 0:52

【今日のNASA】天体写真「NGC 7331とその向こう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「NGC 7331とその向こう」。

 大きくて美しい渦状銀河NGC 7331は、私たちのいる天の川銀河と似ていると言われている。

 NGC 7331は、地球からおよそ5,000万光年離れた北のペガサス座にあり、初期は渦状星雲として認識されていた。しかし、実際はシャルル・メシエの18世紀の有名なカタログにも含まれていない、明るい銀河のうちの1つだ。

 この銀河の円盤は私たちの視線に傾いているため、望遠鏡による長時間露光の撮影においては、しばしば奥行き感のある画像になることがある。

 この島宇宙の向こうにある複数の銀河によって、このように写真の中で非常に強調されて見える。背景に見える複数の銀河はNGC 7331よりも見た目がおよそ10分の1であり、距離は10倍も離れている。

 空の上で、それら複数の銀河とNGC 7331が近く見えるのは全くの偶然である。この目に見える銀河のグループは、Deer Lick Groupとして知られている。

[ NASA ]

© Don Goldman, Sierra Remote Observatories

このエントリーをはてなブックマークに追加