デジタルマガジン

2008年07月28日 8:00

iPhoneの液晶、品質にバラつきが?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 3Gの液晶が、オリジナルのiPhoneに比べて黄色いということは先日お伝えしたが、それ以上にiPhoneの液晶にはとんでもないことが隠されていたようだ。

 上の画像は全てiPhoneである。一番上がiPhone。下段左がiPhone 3G 8GB、下段右がiPhone 3G 16GBだ。明るさが違うのがハッキリと分かるだろう。もちろん、明るさの設定を変えているわけではない。これらのiPhoneの明るさは全て最大に設定してあるのだ。にも関わらず、この違いは一体何なのだろうか?

 前述の液晶が黄色いという問題は、ファームウェアを5A347にアップデートすることで回避できた。しかし、液晶の品質自体はファームウェアでどうにかなるレベルではない。この検証はiLounge Editor Jesse Hollingtonによって行われた。そしてその結果、8GBのiPhoneは16GBに比べるとハッキリと分かるほど視野角が狭いと分かったそうだ。

 この液晶の品質は、Appleの品質管理においては許容できる範囲なのかもしれない。あるいは、このiPhone 3G 8GBが不良品だったのかもしれない。iPhone 3G 8GBを購入予定の人は、購入の前に店頭で品質をたしかめておいた方が良いのかもしれない。――ハズレと2年間付き合いたくはないだろうから。

[ CrunchGear ]

このエントリーをはてなブックマークに追加