デジタルマガジン

2008年07月13日 14:00

iPhone購入時に強制されたWホワイトプランは解約可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone購入時に、私と同じように『Wホワイトプラン』の契約を強制された人は多いようだ。中には基本オプションパックへの加入や、指定のクレジットカードへの申し込みを強要された人もいる。インセンティブが及ぼす弊害だ。

 「『Wホワイトプラン』を2ヶ月間契約したあとなら解約しても良い」などと顧客に伝えているようだが、とんだ嘘八百である。『Wホワイトプラン』に強制加入させられたiPhoneユーザは、今すぐにでも解約して良いのだ。

 もちろん今すぐ解約して『ホワイトプラン』や『ブループラン』にしても、初月のプランは『Wホワイトプラン』となってしまう。しかし、解約自体はいつでもできる。2ヶ月後から解約okというのは、『2ヶ月契約してくれないとインセンティブが支払われない』から解約するなということなのだ。客にプランを強要してくるような悪質なソフトバンクショップを儲けさせてやる必要はない、『Wホワイトプラン』はさっさと解約してしまおう。

 この件については、公正取引委員会に独占禁止法違反の疑いがあるとして報告済みだ。プランを自由に選べる店舗と、選べない店舗。その違いが、インセンティブ目当てかそうでないかなどという理由は許されない。そんなに販売奨励金が欲しければ、強要するのではなく、顧客に『Wホワイトプラン』のメリットを説明して加入して貰えば良いだけなのだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加