デジタルマガジン

2008年07月28日 13:00

ランディ・パウシュ教授、膵臓ガンで亡くなる。享年47

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルマガジンでもオススメさせて頂いている『最後の授業』。この授業を行ったカーネギー・メロン大学コンピューターサイエンス学部のランディ・パウシュ教授が、7月25日に膵臓ガンで亡くなられた。享年47歳、亡くなるにはあまりにも早すぎる人物だった。

 できる限り長生きをして欲しいと記事を書いたのが7月5日。それからわずか20日間で彼は亡くなったことになる。私がランディのことを知ったのが6月上旬だから……2ヶ月足らずしか、私はランディと共存できなかった。

 残念ながら、ランディの人柄を文章で説明できるほど私には文才がない。だから、代わりにランディによる『最後の授業』を受けて欲しい。私の文章を読むよりも、ずっと分かりやすく、そしてあなたのタメになるはずだ。

 ランディの遺族はジェス夫人と3人の子供、ディラン、ローガン、クロエだ。カーネギーメロン大学Randy Pauschメモリアル基金が遺族献金を受け付けている。献金をしたいという人は、上記のリンク先にお願いしたい。ランディの冥福を祈る。『最後の授業』をありがとう。

[ Carnegie Mellon University Via TechCrunch Japanese ]

このエントリーをはてなブックマークに追加