デジタルマガジン

2008年07月07日 23:51

【今日のNASA】天体写真「アポロ17号:VIP席からのアナグリフ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「アポロ17号:VIP席からのアナグリフ」。

 初めて見るのになんだか懐かしい写真が出てきた。そう、この写真は3Dメガネをかけると立体に見えるアナグリフだ。写真は月面にあるタウルス・リトロー渓谷を写している。

 このアナグリフは、アポロ17号の月面探査車(ルナローバ)の前面部を3D化したものだ。後ろには月着陸船と、いくつかの月の丘が見えている。

 世界中が月着陸船の上昇段が打ち上がるのを、この探査車のテレビカメラ経由で見ることができた。そのため、この駐車している場所は『VIP席』として知られている。

 1972年12月、アポロ17号の宇宙飛行士ロナルド・エバンスが月を周回している間、ユージン・サーナンとハリソン・シュミットは月面でおよそ75時間過ごした。

 彼らクルーは他のどの月着陸地点よりも多い、110キログラムの岩と土壌のサンプルを持って帰還した。サーナンとシュミットは、未だに月面を歩行した最後の人間である。次に人類が月を歩くのはいつになるだろうか。

[ NASA ]

© Gene Cernan, Apollo 17, NASA; Anaglyph by Erik van Meijgaarden

このエントリーをはてなブックマークに追加