デジタルマガジン

2008年06月07日 23:00

【今日のNASA】天体写真「天の川の正体は2本の螺旋腕」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「天の川の正体は2本の螺旋腕」。

 夜空に浮かぶ天の川。私たちが普段それを見上げた時、天の川は一本の川です。では、天の川を正面から見ると一体どうなっているのでしょうか?

 シュピッツァー宇宙望遠鏡による調査活動は、天の川の正体を掴むことに成功しました。天の川は2本の螺旋腕から成り立っています。

 天の川はこの主たる2本の螺旋腕以外にも、小さな螺旋腕がいくつも存在しています。前回の調査では4本の螺旋腕を発見しました。

 もしも、遠い宇宙のかなた、天の川の正面に位置する銀河から天の川を見た場合、天の川は棒渦状星雲として認識されていることでしょう。その銀河から、天の川はなんという名前で呼ばれているんでしょうね?

[ NASA ]

© R. Hurt (SSC), JPL-Caltech, NASA, GLIMPSE

このエントリーをはてなブックマークに追加