デジタルマガジン

2008年06月03日 17:00

ゲームレビュー PSP「ヴァルハラナイツ2」

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆WizライクなRPGが3Dになっただけ (63点)

 マーベラスエンタテインメントが2008年5月29日に発売したPSP用ゲームソフト、それが「ヴァルハラナイツ2」だ。前作は未プレイなのだが、なんとはなしに購入してしまった。

 気になる内容だが、嫌いな人にはとことん嫌われるRPGだろう。なんと言っても不親切かつ難易度が高い。昔からのゲーマーならいざしらず、今の世代には「ヴァルハラナイツ2」のようなゲームは受け入れられないんじゃないだろうか?

 裁きの日。人々は神々に見捨てられた。天より舞い降りた女神が大地を引き裂き、海を干上がらせた。しかし、人間は諦めなかった。1人の魔女の活躍により、女神に傷を負わせることに成功したのだ。傷ついた女神は僕であるミクストを世に放ち、傷を癒すために身を潜めた。それから1000年後、孤児院出身の主人公は冒険者になろうとしていた。いつの日か復活する女神を倒すため、冒険者はいくらでも必要な世界なのだ。

 まずどのあたりが嫌われるのかを説明しよう。あなたが宝箱からアイテムを拾ったとする。しかしそれは鑑定しないと使えない。鑑定には100G必要だが、当然のごとくモンスターからお金は手に入らない。未鑑定の品は10Gでしか引き取ってくれない。結果として未鑑定の品が山のように溜まっていく。

 あなたは仲間を増やしたい。しかしそれにもお金が必要だ。最初は500G、次は1000Gと、雪だるま式に増えていく。もちろんお金はそうそう貯まるものではない。装備品を購入してしまえばすっからかんだ。最初はまず仲間を増やすことに専念するべきだが、そんな説明は一切ない。

 さらに最悪なのが、マーベラスエンタテインメント製につきものの例のアレ、そうバグだ。バグでよくフリーズする上に、セーブポイントが街にしかない。そのうえシナリオもつまらなく、戦闘シーンもただ3Dになっただけで変化はない。

 ここまで叩くと、糞ゲーじゃないの?と言われてしまいそうだが、これがRPGが好きな人には面白いのだ。自分のキャラクターを自分の力だけで徐々に強くさせていく。このあたりモンスターハンターに似ているかもしれない。まあ次元が違うのでなんとも言えない部分もある。

 今時のゲーマーにはオススメできないが、昔からのRPGが好きな人が楽しめるRPG。それが「ヴァルハラナイツ2」だ。最近のゲームはヌルすぎるんだよ!という人は購入してみるといいだろう。

 お値段5,040円。

© 2006 2008 Marvelous Entertainment Inc. All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加