デジタルマガジン

2008年06月02日 14:00

Tシャツのロボットが銃を持っているとして飛行機への搭乗を拒否される

このエントリーをはてなブックマークに追加

 どんだけ神経質なんだよという事件が起こりました。仕事のためにドイツへ渡ろうとしたイギリスの男性が、着ているTシャツのロボットが銃を持っているから危険だとして飛行機への搭乗を拒否されたのです。

 その男性は、ブリティッシュ・エアウェイズのデュッセルドルフ行きの便を利用しました。その時着ていたシャツは、トランスフォーマーコンボイのTシャツです。彼はセキュリティに呼び止められます。

 「君のメガトロンは銃を持っているね、残念だけどそれを着ていたら搭乗できないんだよ。攻撃的で危ないからね。乗りたければ今すぐ着替えて欲しい。それが嫌なら逮捕するしかない」

 「・・・はあ!?」彼は驚きました。当然です。そりゃそうです。誰だってTシャツの絵が危険だなんて思いません。ど根性ガエルだってTシャツからは出てこないのです。

 しかしその点、彼は優秀でした。議論するだけ無駄だと悟り、すぐに着替えて事を済ませたのです。そして、このことをブログへとアップしました。

 上の画像はそのTシャツです。「フランスの関係」という日本語がプリントされているのが、とても気になります。おそらくフレンチ コネクションとのコラボTシャツなのでしょう。

 それにしても、Tシャツのロボが銃を持っているだけで逮捕されるとは驚きです。最後に彼はこう書いています。私はこのロボがコンボイだと知っています。しかし、セキュリティはそれをメガトロンだと言う人だったのです。セキュリティには常識を持った人を雇って欲しいですね。

[ エルエル viaThe Edge Of Madness ]

このエントリーをはてなブックマークに追加