デジタルマガジン

2008年06月28日 23:39

【今日のNASA】天体写真「ブラック・ホールを持つM81星雲」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 NASAが毎日1枚公開している天体写真。今日の写真は「ブラック・ホールを持つM81星雲」。

 この印象的な色合いの天体は、可視光線である電磁スペクトルまで写した渦状銀河M81星雲だ。

 この写真は、チャンドラ天文台からのX線データ、シュピッツァー宇宙望遠鏡からの赤外線データ、紫外線観測衛星GALEXからの紫外線データ、そしてハッブル宇宙望遠鏡からの可視光イメージを組み合わせて作られた 滅多にお目にかかれないシロモノだ。

 右下で強調している部分はX線データであり、M81星雲が持ついくつかのブラック・ホールから放出されたX線をとらえたものだ。これらのブラック・ホールは、太陽のおよそ10倍の質量を持つものばかりであり、中心部にあるブラック・ホールは太陽のおよそ7000万倍を超える質量を持っている。

 M81星雲は地球とは1200万光年も離れており、北の星座おおぐま座に存在している。

 天文学とは全く関係ないが、M81星雲はウルトラマンタロウに登場した「落書き怪獣ゴンゴロス」の母星でもある。

[ NASA ]

©X-ray: NASA/CXC/Wisconsin/D.Pooley & CfA/A.Zezas; Optical: NASA/ESA/CfA/A.Zezas; UV: NASA/JPL-Caltech/CfA/J.Huchra et al.; IR: NASA/JPL-Caltech/CfA

このエントリーをはてなブックマークに追加