デジタルマガジン

2008年06月06日 15:00

ジリ貧DoCoMo。果たしてiPhoneを導入できるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像引用元

 いまだに携帯電話の国内シェアを、50%近く抱える王者DoCoMo。しかし、その状況は極めて厳しいと言えるでしょう。このままでは王者から転落するのも時間の問題です。

 これまで会社員はDoCoMo、学生はau、その他がJ-Phone(Vodafone)というカタチでした。DoCoMoは他の2社に比べると、まさに「どこでも話せる」携帯電話だったため、多くの人がDoCoMoを選んでいました。かくいう私も昔はDoCoMoでした。

 DoCoMoはそのシェアと利便性を盾に、いわゆる殿様商売を行ってきました。他社が値段を下げ、自社のシェアが危なくならない限り値段を下げない。利益追求体質の企業のまさにお手本のような会社です。左団扇で笑いが止まらなかったことでしょう。

 しかし、ソフトバンクモバイルがVodafoneを買収し、携帯電話事業に参入してからその状況は一転します。ソフトバンクモバイルの魅力はなんと言ってもその安さ。先進国日本と言えど、金持ちと貧乏人、どちらが多いかは分かりきっています。幅広い層が価格に釣られてソフトバンクへと流れていきました。

 さすがのDoCoMoもソフトバンクモバイルの安売り攻勢にはタジタジ。次第にその殿様商売の姿勢を崩し始め、ソフトバンクモバイルに追随していきます。ついには800億円の減収となる家族間通話の無料すら導入しました。

 しかし、そのすぐ後に「iモード」の値上げを行い500億円の増収を図ります。このあたりに、DoCoMoの金儲け体質が見え隠れしていると言ってよいでしょう。結局その後もこれと言った打ち手はなく、DoCoMoはそのままシェアを切り崩されていっています。

 そして、今回のiPhoneです。報道を見る限りでは、DoCoMoの金儲け体質がAppleの条件を拒んだようです。国内トップであるという驕りを捨て、ユーザのことを考えない限りDoCoMoが転落していくのは時間の問題です。

 果たしてDoCoMoはiPhone導入のためにAppleの条件を飲むのか?PRADAケータイじゃ、iPhone(アイフォーン)どころかアイホンにも負けてしまいますよ。世間が求めているのはタッチパネルではなく、iPhoneのコンテンツなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加