デジタルマガジン

2008年05月15日 11:00

で、ブルーハワイって結局「何味」なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 サントリーがまたペプシでおかしなものを発売するらしい。今度のペプシは青色がまぶしい「ペプシブルーハワイ」。青色1号どんだけいれましたかー。

 味の説明は「華やかな香りとすっきりした後味の、パイナップルとレモン風味のコーラ飲料」と書いてあります。わかりにくいです。だいたいブルーハワイって何味なのよ?

 そんなわけで調べてみると。。。どうやら「ブルーハワイ味」とは「オレンジ味」のようです。なんでも、「ブルーキュラソー」というシロップを使ったカクテルを「ブルー・ハワイ」と呼んでいて、その名前をカキ氷にも使ったというそうなんです。

 で、その「ブルーキュラソー」とはなんじゃらほいという疑問が当然沸くと思います。突き詰めていくと、これオレンジの皮から作られているんですね。抽出物を糖分で甘くしたものを「キュラソー」といい、さらに青く色をつけたものが「ブルーキュラソー」と呼ばれています。

 そんなわけで「ブルーハワイ味」とは「オレンジの皮味」なんですね。実際のカクテルには「パインアップルジュース」と「レモンジュース」も入れられるそうなので、「ペプシブルーハワイ」にはそっちの方も混ぜられているのかもしれません。

 カキ氷と言えばブルーハワイばかり食べてたけど、オレンジ味だったなんてちょっとショックです。オレンジに色つけしたらブルーハワイもよりオレンジの味がするのかなあ・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加