デジタルマガジン

2008年05月06日 20:20

硫化水素による自殺が増えたのはマスコミのせい

このエントリーをはてなブックマークに追加

 硫化水素による自殺が増えたのはインターネットのせい、とマスコミが声高に言っているので、インターネット側としても声をあげたいと思います。硫化水素による自殺が増えたのはマスコミのせいです。

 インターネット上に自殺方法が書かれているのは事実です。サンポールと六一〇ハップを混ぜると硫化水素が発生し、致死量を吸引すると死にます。ただ、それだけのことです。

 理解して欲しいのはこれがただの情報であるということです。人は首を吊れば死にます。高いところから飛び降りれば死にます。致死量の薬を飲めば死にます。すべては単なる情報です。自殺を誘因するものではありません。

 死にたいと思っている人は自殺の方法を探します。それらは前述のように首吊りだったり、飛び降りだったり、電車への飛び込みだったり、方法は様々です。その中の一つが、硫化水素です。

 硫化水素で自殺しよう!なんて思いつく人はまずいません。自殺で一番に思いつくのは首吊りだからです。なぜか?それは一番身近なモノだからです。

 首吊りで自殺することが身近というわけじゃありません。玄関あけたら目の前に死体、なんていう状況は勘弁して欲しいものです。ではなぜ一番身近なのでしょうか?首吊り、よくやってるじゃないですか、テレビで。

 日本における自殺の方法第1位は首吊りです。男女ともに過半数を超える支持を獲得しています。なぜこんなにも首吊りが好まれるのでしょうか?

 痛くないから。すぐに気を失うから。死体がキレイだから。諸説いろいろとありますが、自殺した(が失敗した)人の話によると飛び降りだって全く痛くなくて気持ち良いそうです。腰から落ちればキレイに死ねます。薬もそうです。それでも、首吊りが第1位です。

 理由は簡単です。みんなやっているから。成功したことがない方法を試そうという自殺志願者はいません。中には自分で考え抜いた珍しい方法で挑戦する人もいますが、ごくごく少数です。みんなが死んだ方法だから、自分もするんです。

 ではそのみんなとは一体誰なのか?日本はよくできた国で、公園で首を吊ってもすぐに国家が片付けてくれます。普段生きている限りあまり目にしません。ではどこで目にするかというと、それがテレビなんです。

 ドラマ、時代劇、映画、なんでもかまいませんが、1日に1回はどこかのテレビでやってます、自殺。もちろん演出ですが、見ている人にとって自殺には代わりありません。遺書を書いて、最期に覚悟をして、ぶらーん。

 硫化水素もこれと同じです。自殺したいと考えている人のところに、「○○さんが硫化水素で自殺しました」「××さんもしました」「△△さんもしました」という自殺成功情報が飛び込んできて、「いずれもインターネットに掲載されていた情報をもとに自殺したそうです」と言われたらYahoo!の検索窓に打ち込んでしまいますよ、「硫化水素 自殺 方法」と。

 もちろん硫化水素は自分だけではなく周りを巻き込むおそれもあるため、第三者に知らせるということは必要です。ですが、わざわざ「硫化水素」「インターネットに掲載されていた情報」と言わなくても良いのです。

 マスコミが第三者に知らせたいのであれば、「○○さんが特殊な方法で有毒ガスを発生させて自殺しました。このガスは大変危険ですので、卵の腐ったようなにおいがする場合は、ただちにそこから離れて警察に通報して下さい。また、自殺を考えている方は一度誰かに相談うんぬん」とでも流せば良いのです。

 それをおもしろ半分に「硫化水素で自殺した」「情報はインターネット」などと書いてあるから、硫化水素による自殺が増えることになります。マスコミは、硫化水素による自殺を扇動していることに他なりません。

 残念なことは、私がこのように声をあげても世間一般の人は「硫化水素による自殺はインターネットのせい」だと思い続けることです。それぐらい、テレビという情報媒体は強力なものです。おそらくインターネット全体で「硫化水素による自殺はマスコミのせい」と言っても結果は変わらないでしょう。

 それでも私は声をあげます。それはマスコミに対してではなく、自殺しようとしている人に対してです。死にたいなら今すぐ縄を用意して下さい。首つりはドアノブ程度の高さでも死ねます。信じられないでしょうが頭部の体重が首にかかれば人間死ぬのです。

 理解できましたか?あなたは縄さえあればいつでも死ねます。だから、もうちょっとだけ生きてみませんか?学校でいじめられていても、そんなのは人生の10分の1にもなりません。借金?今の生活捨ててみて下さい。しがみつこうとするから悩むんです。あなたはいつでも死ねます、それならもうちょっと生きてみるのも良いと私は思います。私も、自殺を考えたことがある人間です。

このエントリーをはてなブックマークに追加