デジタルマガジン

2008年05月13日 19:00

PCゲーマーはVistaが嫌い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windows Vistaを導入されてますか?私は、まだです。最新のOSであるこのVistaが、PCゲーマーに歓迎されていないという記事を読みました。

 PCゲーマーにとって、Vistaの魅力はDirectX 10に他なりません。Crysisなどの最新のゲームは、DirectX 10を利用することで劇的に映像が改善されます。しかし、その普及は進んでいません。

 PCゲームのダウンロード購入サイト「Steam」のユーザ調査によると、PCゲーマーのVistaユーザは15%以下だそうです。一般の購入者の割合が14.57%であることから、ほとんど変わらないと言って良いでしょう。

 ご存知の通り、Windows XPではDirectX 10は動きません。最新のゲームをキレイな映像で遊ぶためにはDirectX 10が不可欠です。しかし、PCゲーマーのほとんどはVistaに積極的に移行していません。

 果たしてこれは何を意味するのでしょうか?PCゲーマーの多くはパーツに対して金を出すのを惜しみません。PS3やXbox 360の購入を迷っている私ですら、グラフィックボードには4万、5万の金を出します。一度のパーツ購入で、10万円を超えることは当たり前です。つまり、資金やスペックの問題ではないのです。

 記事ではVistaを導入することによるデメリットが、グラフィックの改善のメリットを上回るため、静観している人が多数だとしめられています。

 DirectX 10を使って楽しみたいゲーム、それが登場していないのが一番の原因かもしれませんね。

[ Yahoo! TECH ]

※5/14 12:07 DX9でもDX10のゲームがほぼ問題なくプレイできるためとのコメントを頂きました。Crysisは興味なかったので購入していなかったのですが、そういう理由があったのですね。ありがとうございます。頂いたコメントは残念ながら匿名だったため削除させて頂きました。次からはハンドルネームなどの利用を期待しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加