デジタルマガジン

2008年05月20日 14:39

AMDがゲーム用PCのプラットフォーム・ブランド「AMD GAME!」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

 AMDがゲーム用PCに「AMD GAME!」という新しいプラットフォーム・ブランドを導入することを発表しました。このロゴが貼ってあるPCはゲームで遊べますよ、というものらしい。

 このブランドには通常の「AMD GAME!」と、さらに上の「AMD GAME! Ultra」の2つのブランドが用意されています。3Dのゲームをグリグリと動かしたい人はUltraブランドの方を選ぶと良いでしょう。

 気になる構成ですが「AMD GAME!」は、CPU「Athlon 5600+ X2」、GPU「ATI Radeon HD 3650」、チップセット「AMD 770」または「nForce 500」シリーズ以上。「AMD GAME! Ultra」はCPU「Phenom X4 9650」、GPU「ATI Radeon HD 3870」、チップセット「AMD 770」以上となっています。

 こういう試みはゲーマーとしては嬉しいのですが、AMD+Radeonでゲームをしろってのは何の拷問でしょうか。ハッキリ言いますが、ゲームに向いてません。

 AMDのCPUはたしかにゲームに強いのですが、同じ金額を出せばさらに性能の良いIntelのCore 2 Duoを購入できます。ATIに至ってはゲームの構築エンジンがnVidiaのGPU向けに最適化されているので、全くお話になりません。

 そもそもAMDに活気があったのは、IntelがPentium全盛期だった時代にコストパフォーマンスが優れていたからであって、Core 2 Duoが登場してからはわざわざAMDを選ぶ必要性が見当たりません。

 AMDのこの試みは面白いものではありますが、消費者にとって良いものかどうかとなると素直に歓迎できないものです。残念。

このエントリーをはてなブックマークに追加