デジタルマガジン

2008年05月02日 11:00

燃費を30%改善する5つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガソリン税の暫定税率が再可決され、今月から再び25円の税金がかけられることとなった。僻地に住んでいる人にとってなくてはならないもの、車。しかし、ガソリン代があがればあがるほど家計へのダメージは大きい。

 そこで、燃費を30%改善させる5つの方法を教える。どうかこれで少しでも家計の助けになれば幸いだ。

 1.高速道路では制限速度を守り、時速88~96kmで走る。時速8km増えるごとに燃費が5~7%悪くなる。

 2.余計な荷物は車に乗せない。ルーフラックなどは余計な抵抗を生む。

 3.赤信号までは急激な制動をせずに順調に進む。急ブレーキや急発進はガソリンを無駄に消費する。

 4.タイヤの空気圧を万全の状態にする。十分に空気の入っていないタイヤは横に揺れることになり、抵抗を増やしてしまう。

 5.平らな開けた道路でだけオートドライブを使用する。山などの起伏が激しい道路ではオートドライブの使用を避ける。加速は燃費の敵である。

 以上のことでどこまで燃費が減らせるかは、あなたの運転している車によって違うだろうが、3の制動に関しては効果が大きそうだ。ぜひ試してみて欲しい。

[ Philadelphia Inquirer ]

このエントリーをはてなブックマークに追加