デジタルマガジン

2008年04月22日 18:00

ぼったくり商法、それがWiiウェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼったくり商法、それがWiiウェア

 先日スクウェア・エニックスのWiiウェア用ゲームソフト『小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』についての記事を書いたが、またしてもやってくれた。今度はダンジョンの配信を始めるという。

 本体が1,500円。前回の追加料金が1,300円。今回の追加ダンジョンが全て含めて300円。で、次に既に配信が予定されているコンテンツが800円。今分かっている時点で合計で3,900円。

 で、次は何をいくらで配信するつもりなのスクウェア・エニックス?このままどんどんコンテンツを増やしていって総額10,000円ぐらい買わせるつもり?

 Wiiウェアってのはバラエティ豊かなソフトをお求め安い価格で遊べるはずだったんだけど、一体これはどういうこと?コンテンツ買う方が悪いとでも言うのだろうか?任天堂はスクウェア・エニックスに、Wiiでネトゲ形式の課金でもさせるつもりか・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加