デジタルマガジン

2008年04月28日 17:00

いくら食べても太れない男性

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペリー氏(59)は好きなものいくらでも食べることができる。ハンバーガーだろうがデザートだろうがお菓子だろうが、いくらでも食べられる。なぜなら、彼は太らないからだ。

 彼はlipodystrophy(リポディストロフィー)と呼ばれる症状を患っている。この病気のせいで彼の脂肪は驚異的なスピードで燃やされる。ペリー氏は定期的にファーストフードやポテトチップス、チョコレート、アイスクリームを摂取するが、彼の体重は81kgで固定されたままだ。

 昔、彼は太っていた。しかし12歳のある時、脂肪が夜の間にほとんど落ちた。医者は拒食症、もしくは胃潰瘍になっていると診断した。

 ペリー氏は太ろうとより食べるようになった。しかし、いくら食べてもそれは何の意味ももたらさなかった。lipodystrophyとわかるまでの10年、彼はいろいろな太るテストを試してきたという。

 医者はペリー氏の体に通常の6倍のインシュリンがあることを見つけ、こう言った。「彼の状態は減量中の人の夢だよ」。

 なんとも羨ましい話だが、本人は太ることが夢であるという。私のおなか周りで育ち始めてきた脂肪をわけてあげたい。ぜひ。

[ Telegraph.co.uk ]

このエントリーをはてなブックマークに追加