デジタルマガジン

2008年04月23日 12:12

日本の音楽業界再生か?JASRAC、独占禁止法違反の疑いで立ち入り

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の音楽業界再生か?JASRAC、独占禁止法違反の疑いで立ち入り

 日本の音楽業界を牛耳っているJASRACが独占禁止法違反で立ち入りを受けたとTBSのニュースで放送された。素直な気持ちを述べてしまえば「ざまあみろJASRAC」である。

 JASRACはその異常に高い著作権料、その分配方法の不明瞭さ、徴収の不公平さ、そして使途不明金の多さなど、叩けばいくらでも埃が出てくる天下り団体だ。

 今回なぜ立ち入りを受けたのかというと、法律改正で新規参入が認められるようになったが、参入を妨害して他社の参入を困難にした疑いがあるためだそうだ。

 自分のところがおまんまの食い上げの危機だからといって法律に違反するのはよろしくない。

 JASRACがつぶれ、まともな著作権管理会社が入ってくるようになれば日本の音楽業界も再生するかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加