デジタルマガジン

2008年02月11日 14:16

紙飛行機を宇宙から飛ばして地球へ着陸させる

このエントリーをはてなブックマークに追加

紙飛行機を宇宙から飛ばして地球へ着陸させる

 日本の研究チームが、紙飛行機を国際宇宙ステーションから飛ばし、地球に帰還させることを計画している。東京大学の研究者は6日、特殊な紙で作った小さな紙飛行機で風洞実験を行い、摂氏250度、音速の7倍の風速の中で30秒間飛ばすことに成功したと発表した。

 紙の飛行機なんて大気圏突入の際の摩擦熱で燃えるだろうと思ったが、とても軽量なため摩擦や熱の影響を軽減できる可能性があるという。

 果たして本当に燃えないのか?鈴木真二教授によると、「紙飛行機は非常に軽いので、空気の薄いところで減速しゆっくり下りてこられる」とのことだ。

 研究チームによると、特殊な紙で作った長さ20センチの飛行機が、地球に到着するまでには数ヶ月かかる見通しで、着陸場所については全く予想できないそうだ。

 鈴木教授は「メッセージ・イン・ア・ボトルの宇宙版。いつか誰か拾ってくれれば」と話している。海に落ちたり子供に拾われて遊ばれなければいいのだが、、、このさい50機くらいで編成を組んで飛ばしてみたらどう?1機くらいは着陸報告がでるはずだ。

 [ REUTERS ]

このエントリーをはてなブックマークに追加