デジタルマガジン

2008年02月29日 11:24

髪の毛からどこに住んでいるのかがわかる

このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛からどこに住んでいるのかがわかる

 ユタ大学の研究者の発表によると、髪の毛が1本でもあればその人がどこに住んでいるのかを知ることができるという。サイコメトラーでも造り上げたのだろうか?

 じつは髪の毛には食べたもののサインが刻まれているという。この人が一体どんなものを食べていたのか?そのサインは骨や指の爪、そして髪に刻まれているのだ。

 水道水にはその地域固有の同位体が存在する。同位体とは同位元素のことで、陽子の数は同じだが、中性子の数が違うというものだ。ようは同じぼたもちではあるけれど、あいつのは大きくて僕のは小さい。なんてことだクソッタレ!ということだ。

 そんなわけで髪の毛の中に含まれる重水素やO18の数を調べ、それと同じ同位体を含む水道水と合致させれば、その人がどこに住んでいるのかがわかるのだそうだ。

 実験では1本の髪の毛をいくつかに切り分けて調べることで、その人が北京からソルトレークシティまで移動していたことを突き止めたという。

 驚くべき研究成果だが、残念ながら一般市民にはあまり縁のない話のようだ。

[ Orbium -そらのたま- via naturenews ]

このエントリーをはてなブックマークに追加