デジタルマガジン

2008年02月22日 10:49

伸びる本棚

このエントリーをはてなブックマークに追加

伸びる本棚

 何かの帰りについ本屋に寄ってしまい、気づいたらいくつも本を買っていたということは本好きなら何度かあるはずだ。私もそのクチで、よく本を買いすぎてしまう。

 すでに家の本棚は一杯で、棚の上や床に本が積み上げられている。そもそも整理整頓が苦手なので、読み終えた本はそのまま直さずに積んでしまうのだ。これでは部屋が汚いのもしょうがない。

 イタリアのデザイナーArianna Vivenzioが、そんな状況を解決できるかもしれない本棚をデザインした。と言っても仕組みは単純。二本の釘を壁に打ち付け、そこにゴムバンドを引っ掛けるだけだ。

 これなら本棚によくある「キレイに整頓されている」という必要がない。読み終えた本はそこに積めばいいのだ。ゴムバンドが耐えられる限界もあるだろうから、ある程度積み上げられてきたらまた新しく本棚を増やせばいい。

 なんてローコストで素晴らしいアイデアなんだろう。問題は日本の家屋は賃貸が多く、壁に穴をあけると出て行く時に修理金額を請求されるということだけだ。素直に本棚を買い足した方が結果的には安くすむのかもしれない。

 [ Geekologie ]

このエントリーをはてなブックマークに追加