デジタルマガジン

2008年01月15日 18:07

スマブラX発売延期の本当の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマブラX発売延期の本当の理由

 本日、任天堂はWii専用ゲームソフト「大乱闘スマッシュブラザーズX」の発売日を2008年1月24日から、同31日に延期すると発表しました。完成の遅れとのことですが、その裏には任天堂の戦略が潜んでいます。

 任天堂の戦略、それはPS3潰しです。1月24日に発売される目玉ソフトと言えば「大乱闘スマッシュブラザーズX」以外にはありませんでした。かろうじて「ザ・シムズ2 サバイバル」が話題に上りますが、足元にも及ばないでしょう。

 では1月31日に発売される目玉ソフトとは何か?それは日本一ソフトウェアから発売される人気シミュレーションRPGシリーズの最新作「魔界戦記ディスガイア3」です。ディスガイアシリーズはやりこみ系ゲームと呼ばれ、そのプレイ時間はまさに数千時間にも及びます。このPS3の目玉ソフトの発売日に任天堂はスマブラXをぶつけてきたのです。

 当日、どちらのソフトがインターネットのゲームユーザを賑わせるのか?結果は火を見るより明らかです。ちなみにこの日はPS3とXbox 360のマルチプラットフォームで発売されるゲームソフトとして「アサシン クリード」「Devil May Cry 4」「SEGA RALLY REVO」「ニード・フォー・スピード プロストリート」があります。これらの売上も落ちることでしょう。

 ゲーム人口の拡大を目指すという任天堂。自ハードの売上本数の6割以上を自社製ソフトが占めると言われている任天堂。ライバルを潰すという目的は理解できますが、その姿勢には賛同できません。

このエントリーをはてなブックマークに追加