デジタルマガジン

2008年01月08日 10:16

ソニー、PS3は2008年度の黒字化を目指すとの考え

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメントの平井一夫社長は、現在開催中の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」での記者会見の合間に、次世代ゲーム機「PlayStation3」の2008年度の黒字化を目指す考えを示しました。

 背景には部品コストの下落があり、平井社長は「できるだけ早期に黒字化したい。来年度に達成できれば素晴らしい」と述べたそうです。

 そのうえで、「黒字化は明確な約束ではないが、達成を目指したい」と語りました。どこの政治家ですか社長・・・。

 SCEは、年末商戦期間中の北米でのPS3販売台数が120万台、日本での販売台数が46万台となっています。ここからいかにして黒字化まで持っていくのでしょうか?PS2との差別化を図れるかどうかが鍵を握っていると思います。

 [ REUTERS ]

このエントリーをはてなブックマークに追加