デジタルマガジン

2007年12月11日 0:45

2012年、Wiiのシェアが46%を占めるとの予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済紙「フィナンシャル・タイムズ」(Financial Times)は"A price cut too late for PlayStation 3"(PS3にとって遅すぎる値下げ)と題して今後のゲーム業界の動向をレポートしています。

 その中で日興シティグループ証券の福田聡一郎アナリストは、次のような見解を述べています。

 2012年までの今後5年間で世界的なゲーム機の普及シェアはWiiが46%でトップ。次がXbox 360で33%。そして最後がPS3で22%になるだろうとのことです。

 価格、ターゲット層の面でWiiは他社のハードを圧倒しており、この見解はあながち間違いではなさそうです。ただ、5年後には新しいハードが出てると思うのがデジマガネットの見解です。

 [ iNSIDE ]

このエントリーをはてなブックマークに追加