デジタルマガジン

2007年12月11日 10:35

極寒のトイレに100時間閉じ込められていた男

このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギリス、スコットランドにて、スポーツ施設内の男子トイレのドアが壊れた為に、中に閉じ込められていた55歳の男性が約100時間ぶりに救出されました。

 このトイレは冬場はほとんど使われることがなく、男性は食べ物も携帯電話もない状態で閉じ込められました。地元紙によれば温水に足を浸して暖をとっていたものの、凍るような寒さの中では夜は3時間ほど眠るのがやっとだったということです。

 荷物を取りに来た掃除の女性に助けられた男性は「以前受けたサバイバル講習が役に立った」と述べています。

 日本の公衆トレイは上に隙間があるのでこういうことは起こりそうにないですが、海外に行った時は気をつけないといけないですね。

 とりあえず携帯電話は常に携帯することと、サバイバル講習を受けておくことを忘れないようにします。

 [ REUTERS ]

このエントリーをはてなブックマークに追加