デジタルマガジン

2007年12月20日 10:17

初音ミク、JASRAC登録で手違いがあったとドワンゴが謝罪

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴは、クリプトン・フューチャー・メディアの楽曲作成ソフト「初音ミク」を使って作成された楽曲「みくみくにしてあげる♪」の配信権などの管理をJASRACに信託した際に、手違いがあったと謝罪しました。

 登録時のアーティスト名に、クリプトンから「作家名+featuring初音ミク」と表記するように依頼されていましたが、手違いで「初音ミク」とのみ登録してしまったそうです。担当者が勇み足だったんでしょうか?

 この曲のJASRACへの信託は、着うた配信開始に伴う著作権使用料を徴収するために行ったもので、クリプトン側から了解を得た上で登録したものだそうです。

 ドワンゴについては、「勝手に配信を開始されていた」「契約書が存在しない」などいろいろな問題が露見し始めています。2ちゃんねるとの関係が強いだけに適当でも良いとでも思ってるのでしょうか?

 [ ITmedia ]

このエントリーをはてなブックマークに追加