デジタルマガジン

2007年10月03日 17:35

ゲームレビュー PC「サドンアタック」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「サドンアタック」レビュー

 休みを挟んで更新が止まる。。。そろそろ読者の中にはこのパターンを覚えてくれている人がいるかもしれません。はい、またゲームにハマってしまいました。今回プレイしたのは「サドンアタック」です。

 「サドンアタック」は、基本プレイ料金無料のFPSゲームです。韓国で一番人気があるFPSゲームと言われていますが、この謳い文句は韓国産のゲームは皆使っているので無視しちゃっていいでしょう。

 このゲームを物凄く簡単に説明すると、「Counter Strike」シリーズのパクリです。ゲームのルールは、目標を爆破しようとするテロリスト側と、それを阻止しようとするカウンターテロリスト側にわかれて争う「爆破ミッション」。相手チームをどれだけ早く規定数殺せるかを競う「チームデスマッチ」。そして目標物を回収するカウンターテロリスト側と、それを阻止するテロリスト側にわかれて争う「奪取ミッション」の3つです。私はおもに「爆破ミッション」をしています。

 さて、基本プレイ無料ということでゲーマーとしては「アイテムを買わないと強くなれないんじゃないか?」という疑問があると思いますが、サドンアタックは違いました。アイテム課金をしていようが、していまいがハンデはありません。強さを埋めるのは全て自分の腕だけです。

 どういうことかというと、このゲームのアイテムは基本的にペナルティを失くすものなんですね。ゲーム中に途中退室すると1敗となるのですが、課金したアイテムを使えばこれを回避できます。

 また、使用しているプレイヤーの名前の変更、成績の初期化など。お金を強さではなく成績や見た目の方にのみ絡むようにしています。経験値+50%などのアイテムもあるのですが、経験値を貯めたところでゲーム内の階級があがるだけで、特に意味はありません。

 なので、基本プレイ無料のゲームながらもお金をかけずに同じように遊ぶことができるんですね。ただ、お金をかけない人はプレイし続けないと、辛いことになったりもします。

 ゲーム内で使える武器はポイントを使って借りることになります。購入するのではなく借りるので、期限が過ぎたら返さなくてはいけません。初期の装備も使えないこともないのですが、他の武器に比べるとやはり劣ります。

 ポイントは試合をすることで貰えるので、武器を維持するためにはポイントを稼がないといけないんですね。日に1時間もプレイすればそこそこ稼げますし、初期装備でも戦えるので、そこまで気にすることもでないのですが。

 「サドンアタック」はバグも多いのですが、今の日本のFPS業界で一番良いと思える魅力があります。それはプレイヤーが多いということです。夜間なのですが、常時接続が4000名ほどいます。これは驚異的な数字です。

 もちろん試合は1日中できるので、夜勤の人だろうが人がいなくて遊べないということもありません。お金もかからないので、FPSゲームをやってみたいという方は是非どうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加