デジタルマガジン

2007年09月16日 12:35

生徒に「何か珍しい物持ってきて」とお願いしたら手榴弾を持ってきたので全校生徒が避難

このエントリーをはてなブックマークに追加

生徒に「何か珍しい物持ってきて」とお願いしたら手榴弾を持ってきたので全校生徒が避難

 フランス北部の小学校で15日、9歳の少女が第二次世界大戦時の手りゅう弾を教室に持ち込み、全校生徒が学校から避難する騒ぎが起きました。

 地元の警察によると、教師が授業の中でこの児童に何か珍しい物を持ってくるようにと伝えたところ、この児童が手りゅう弾を持ってきてしまったということです。どんな児童ですか。

 その後警察に連絡、全校生徒191人が避難する騒ぎになりました。警察によると安全ピンを抜いても手榴弾は爆発しなかったとのことです。

 この手榴弾がパイナップルだったのかポテトスマッシャーだったのかは明記されていません。

 フランス北部というと、ちょうどマジノ線がきれているあたりですが、前半のドイツ軍か、それとも後半の連合軍なのか、気になるところです。

 情報元

このエントリーをはてなブックマークに追加