デジタルマガジン

2007年09月05日 14:05

4人に1人が勤務中にゲームをプレイ。会議中にする人も。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4人に1人が勤務中にゲームをプレイ。会議中にする人も。

 市場調査会社インフォメーション・ソリューションズ・グループが、オンラインビデオゲームのウェブサイトを通じて会社員2,842人に調査を行ったところ、24%の人が勤務時間中にゲームをしたことがあると答えました。とんでもないことです。

 また、会社での役職が上の人ほど、仕事中にゲームをする割合が増えることも判明。回答者の8%を占めた最高経営責任者(CEO)などは、勤務中にゲームをしたことのある人の割合は35%にも上りました。

 ただし、ゲームをすると答えた人の中では昼食時などの休憩時間に行っているという人が61%を占めました。一方で、会議中でもしたことがあると認めた人も14%いました。

 勤務中のゲームは遊びではなく、10人中8人はストレスの緩和に役立っていると答え、10人中5人は記憶力の向上に役立つと答えています。言い訳です。

 この結果を見る限りでは偉い人ほど暇なようにも見えますが、下っ端社員がCEOを騙っているような気がしないでもないです。

 情報元

このエントリーをはてなブックマークに追加