デジタルマガジン

2007年09月17日 15:20

中国のとある重金属汚染の村。村人の死因の8割はガン

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のとある重金属汚染の村。村人の死因の8割はガン

 中国広東省の北部にある人口320人ほどの小さな村。涼橋村。村の近くにある生活欠かせない川は、ある日重金属を含む汚泥を運び込む死の川に変わりました。

 中国全土にいくつもある「ガン」の村。ここもその一つです。

 写真の場所はもとは魚の養殖池。汚泥が流れ込み、魚は当然死滅。残されたのは赤茶けてひび割れた死の土地です。

 混入している金属は、鉄だけでなく、カドミウムや鉛、亜鉛など。これらが流れ込むと生き物がすめないほどの強酸性となります。

 北京五輪が近づくにつれ、中国政府は環境重視の政策を打ち出していますが、これが1年で解決するわけがありません。中国にはまだまだこんな村や町がたくさんあるのです。

 情報元

このエントリーをはてなブックマークに追加